熱処理加工















技術情報1

真空熱処理

真空焼入れ炉5基、真空浸炭炉1基、真空焼戻し炉3基を揃え、工具鋼からステンレスまで幅広く製品の受託加工を専門に実施

品質第一、納期厳守はもちろんのこと、顧客の熱処理に関する様々な問題にも技術スタッフが誠心誠意対応いたします。

量産品から試作品まで、1個からでも受託加工させていただきます。

技術情報2

ソルトバス熱処理

ソルトバス熱処理は、製品1個づつを大きさや形状に合った条件で処理できるところが利点です。

幅広い条件設定をはじめ、専門の技術スタッフが最適な処理方法にて対応いたします。

小さい設備(Φ380)ですので長辺が380㎜を超える大物は処理できません。

技術情報2

精密洗浄

炭化水素系の洗浄液を用いた真空洗浄機3基で、熱処理の前後洗浄をはじめ、プレス部品の精密洗浄の受託加工も実施しています。

製品に付着した加工油を洗浄液に置き換えて、その洗浄液を温度と真空度を利用して乾燥させる洗浄方法です。

真空中での処理のため、製品同士が油で重なった状態でも比較的中まで洗浄が可能です。

量産品から試作品まで幅広く処理を行います。

納期について

真空焼入れ品(SKD11やSKD61):低温焼戻しは翌日、高温焼戻しやサブゼロ品は中1日

真空焼入れ品(SKHやYXR等):通常中1日、サブゼロ品や焼戻し回数多いものは中2日

真空焼入れ品の金曜日受託品は、全て休み明けの月曜日に完成致します

ソルトバス焼入品(SK3やSKS等):通常中1日、大物や薄物は中1日

その他特殊品はご相談ください。